自己破産と連帯保証人辞退について

母がSFCGに借金があることがわかりました。任意整理して負担を軽くしたようですが
半年程前にガンが見つかり治療を始めました。ガンの治療費のこともあり できたら自己破産したいのですが 連帯保証人に迷惑がかかるので できないとの事。現在 他の弁護士の先生にお願いをしてさらに負担を軽くしてもらうように依頼中です。 親類からは 連帯保証人の辞退で自己破産できるという話も聞きましたが、どういった場合に連帯保証人の辞退ができるのでしょうか?
母ももうそれほど仕事ができず 収入も得られなくなってきてしまうので心配しています。

まこりんちゃんさん (東京都/42歳/女性)

まこりんちゃんさんこんにちは。

厳しい話ではありますが、『連帯保証人の辞退』(現在の連帯保証人が連帯保証から抜ける)は次の連帯保証人が決まらない限りは無理だと思います。

連帯保証人に迷惑がかかるから自己破産ができないケースは多々あります。

関連記事

  1. 取締役会のある株式会社の代表取締役の人数
  2. 有限会社の倒産による代表取締役、および取締役
  3. 固定資産評価額の妙
  4. 個人事業か、会社設立か、さぁどっち!
  5. 遺言を無効にしないために
  6. ローン借入と居住開始の年
  7. 税制優遇を受ける一般社団法人
  8. 監査役の業務監査権限と会計監査権限

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP