株式会社と合同会社どっちが得か!

個人事業主として商売されていた方が“法人成り”を考える時、今は資本金の制限がないので、まず株式会社が頭に浮かぶでしょう。資本金2100万円位までなら設立費用の実費は約21万円、1円会社でもこれだけかかります。
そこで有限会社なき今、更に安く法人成りができないかと考えた時の選択肢に『合同会社』があります。合同会社の場合、資本金850万円位までであれば実費は約6万円です。(いずれも定款は電子定款)この差は合同会社では定款認証が不要なこと、設立登記の登録免許税の最低額が6万円であることからきています(株式会社は最低15万円)。
ちなみに平成22年度の株式会社の設立登記件数は80,535件(平成21年度79,902件)、合同会社は7,153件です。(同5,771件[政府統計より])。合同会社は①役員の任期がない、②定款の自由度が高い、そして③設立の費用が安いといった理由で着実に拡大傾向にあります。
なお合同会社は設立後株式会社に組織変更することも可能です。最初からそれを見越して合同会社を選択される方もいらっしゃいます。ただ資本金100万の合同会社が同じ資本金の株式会社に組織変更をするには最低実費約11万円、その他にも印鑑や名刺、看板の変更も必要です。
組織変更による株式会社設立の登記
資本金100万円×1.5/1000 (3万円未満のため) 3万円
組織変更による合同会社の解散の登記  3万円
官報公告(法定事項+αを掲載した場合) 約4万円
これから飛躍する会社の法人成りであれば、先の先の事も考えて、法人形態も後悔のない選択をしたいですね。

関連記事

  1. 遺産のアパートの家賃収入はだれのもの?
  2. マンションの遺産分割協議書の作成について
  3. 就職の保証人として「実印」を要求されています。
  4. なぜ上がった!?固定資産評価額
  5. 不動産の登記 書類について
  6. 自己破産と連帯保証人辞退について
  7. 相続登記をする理由
  8. 契約違反では

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP