イチブトゼンブ


司法書士がとてもよくお世話になる
「登記情報提供サービス」
登記情報提供サービスとは,登記所が保有する登記情報をインターネットを使用してパソコンの画面上で確認できる有料サービスです(^◇^)
最近は、弁護士、税理士をはじめ他士業の方、不動産会社、一般企業も利用しているようです。
とても便利で、以前は法務局に行かないと確認できなかった情報が事務所でも確認出来るのでとてもありがたい。
私が司法書士業界に入った頃は、そもそも他法務局管轄の登記簿謄本を取る術は、『郵送(申請書を郵便で印紙と共に送る)』か『行く』しかありませんでした。
良い時代ですね~(^__^)
そんな登記情報提供サービスですが、
不動産で取得できるのは「全部事項」「所有者事項」「地図」「土地所在図/地積測量図」「地役権図面」「建物図面/各階平面図」など。
未だ『一部事項証明書』は見ることができません。これは法務局の窓口のみ。
例えばマンションの敷地。
敷地権の登記がされていない場合、マンションが100戸あれば、その敷地は原則100名の共有。
普通に全部事項で取得するとかなりのボリュームになります。
そこから該当する部分を探すのも一苦労(@_@)
そんなときのために、「共有者▲▲▲に関する部分のみ」で取得できるのが『一部事項証明書』
また共有者が100名もいると、自分とまったく関係ない別の共有者がその方の持ち分に登記申請をすることも当然多々あります。
そんな場合「全部事項」では【登記中】と判断されて確認ができません。
ただ、上の『一部事項証明書』であれば共有者▲▲▲に関係ない登記が入っているだけであれば『一部事項』で取得できるわけです。
そんなわけで今日の朝は、8時半から東京法務局城南出張所での「一部事項証明書」の取得からスタートでした(^▽^)

大田区池上 元八百屋の司法書士 小林 彰

司法書士事務所ワン・プラス・ワン

https://www.44s4-kobayashi.com/

関連記事

  1. 元八百屋の司法書士
  2. 管轄法務局によって違うこと
  3. 無事1年経過しました。
  4. さて何日かかるでしょうか?
  5. 平成23年度司法書士試験 最終結果発表!
  6. 自分がケチか?と思う瞬間
  7. とりあえず...

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

PAGE TOP